古い写真にみる小樽の海水浴場

2015年07月10日

 小樽は海岸沿いのマチなのでどこの海でも泳ぐことができるが、中でも蘭島、忍路、桃内、塩谷、祝津、熊碓、朝里、張碓、銭函の海水浴場は、砂浜、石浜などそれぞれ特色を持った海水浴場として親しまれている。特に蘭島は、広さがあり、砂のきれいなことでも有名で、遠くは旭川方面からも人々が訪れる、全道でも屈指の海水浴場である。また、銭函は札幌に近いこともあって大勢の人が集まる海水浴場である。

 今回は、古い写真からその海水浴場を偲んでみたい。

   ▷   ◁

 小樽の学校を中心とした水泳講習会は歴史が古く、1916年(大正5年)から実施されている伝統のあるものである。詳しくは小樽市史第8巻にも記されているが、実用、安全、体育の向上に大きく役立っている。

 また、民間としては、小樽タカクワクラブが1926年(大正15年)に設立され、1958年(昭和33年)には法人となっている。これまた伝統のあるクラブである。

 このようにして、小樽の水泳は指導者に恵まれて多くの人が育っている。

 一方、レジャーとしても家族、友人グループによって海水浴場は賑わっていた。

 デパートにマネキンガールが登場したのは1928年(昭和3年)である。女性用の海水着もそれと共に大きく宣伝された。

 昭和初期に三越デパートが宣伝したチラシには、ユカタと共に女性用水着を大きく紹介して流行に拍車をかけたが、輸入によるアメリカ製の水着も当時の人気を呼んだものである。

 1936年(昭和11年)ベルリンで開催された第11回オリンピックの水泳(200㍍平泳)で優勝した前畑秀子の競技シーンはたびたびテレビで放映されているが、その水着姿も今はなつかしい。

 今年も海水浴シーズンが巡ってきたが、この夏の流行水着からも、時代表現が繁栄されることだろう。

 IMG_0539A 1934年(昭和9年)の銭函海水浴場

IMG_0540B

IMG_0541C

~B・C 水着を含めた夏の姿に時代が偲ばれる

IMG_0542D 小樽港内での海水浴(大正時代)

 IMG_0543E 塩谷海水浴場(昭和10年代)

IMG_0544F 蘭島海水浴場(昭和10年代)

~小樽市史軟解 第3巻

岩坂 桂二

月刊ラブおたる より

IMG_0581午前9時 今日のウニ漁終了

この後の作業が大変‼

 

IMG_0586小樽もいよいよ

IMG_0585シーズンです