お知らせ・日記

  • 小樽に於ける商人の出現と各種商業の変遷(十九)

    日付:2018年05月27日 カテゴリー:発見・新事実

    四 漁業と繩莚商との関係並に雑穀に対する需要の移行 元来、繩莚類は農村方面の農家の手工品で、冬期の農閑期に此れを製作して、北海道の鰊製造の需要期の四月から六月迄に大部分完成して置く必要があった。ところが、その年の春鰊が不 […]

  • 着々と~畑

    日付:2018年05月26日 カテゴリー:2018(H30)店

     雪も融けて来たので畑おこしをしマルチを作り種まきをし苗を植えました 葱畑ねぎ畑ワサビ畑(西洋ワサビ)わさび畑(葉わさび)  うど畑!どう畑?今年は5月24日に雪がすべてとけました […]

  • 今が旬

    日付:2018年05月24日 カテゴリー:旬

     朝5時自分の場所へ市場ではと旬の食材が並んでいました本日、買ったのはです山では蕨、蕗、竹の子、みず、えぞにゅう、独活も…さあ、蕗を採りに行こう!約30分ほどでが採れました『一年を通して、山菜料理が提供できそう […]

  • 小樽に於ける商人の出現と各種産業の変遷(十八)

    日付:2018年05月23日 カテゴリー:発見・新事実

    四 漁業と繩莚商との関係並に雑穀に対する需要の移行 鰊の製品に付随する商品として繩莚がある。元来鰊は生魚の儘焼いたり煮たりして食料に供するのが一般であるが、一夜に何十万何百万尾と一度に漁獲される生鰊の腐敗を防ぐ為め、大部 […]

  • 小樽に於ける商人の出現と各種商業の変遷(十七)

    日付:2018年05月20日 カテゴリー:発見・新事実

    三 海産商の盛況と鰊不漁の影響 海産商は右の様な変遷を経つつ次第に鰊凶漁に連れて衰調を呈して来たが、昭和十五年戦時統制に依て愈々その生命を絶つ様な結果になった。即ち戦時中業界に全道的に、北海道地区商業組合が設立され、海産 […]

  • 小樽に於ける商人の出現と各種商業の変遷(十六)

    日付:2018年05月17日 カテゴリー:発見・新事実

    三 海産商の盛況と鰊不漁の影響一『関東大震災の年の大正十一年、北見は貝柱が大漁でどんどん小樽へ委托に積んで来ました。内地の相場は電報も電話も不通で解らない、函館のスルメ相場もストップ状態で、貝柱の相場も小樽で三十五円であ […]

  • 小樽に於ける商人の出現と各種商業の変遷(十五)

    日付:2018年05月12日 カテゴリー:発見・新事実

    三 海産商の盛況と鰊不漁の影響一『このように、海産商が盛大になるに従て、多くの地場の銀行が設立され、又取引の関係上、青森、富山方面の銀行の支店も小樽に進出し、従来の内地大銀行と並んで、海産の金融に役立った。』一『当時、業 […]

  • 2018年小樽港クルーズ客船寄港予定

    日付:2018年05月09日 カテゴリー:2018(H30)店

    ・当ページ情報は「2018年5月09日」小樽市Hp発表の情報です。№ 船名     総トン数  入港 出港        停泊ふ頭1.ノルウェージャン・ジュエル   93502㌧ 5月11日(金)8:00 18:00   […]

  • 今年も

    日付:2018年05月07日 カテゴリー:2018(H30)店

    今年もやってきました。タラの芽 たっくさん。下処理をして、塩漬けにしました。冷凍しました。天ぷらにしました。天ぷらそばとめんつゆ漬けでも、店では、天ぷらは提供していません。 

  • ちょっぴり目途が

    日付:2018年05月06日 カテゴリー:その他

    久しぶりの増毛連峰ます漁?こちらの舟はきっと蝦蛄漁だね学生時代、食べた忘れられない味。どうしても食べたくて、挑戦してみました。近いような気がする昼すぎからずっと雨確か、鰊場物語に、日和についての言い伝えが・・・。