お知らせ・日記

  • 精周寺

    日付:2019年07月14日 カテゴリー:祭り・祈り

    八十年の歴史を刻む精周寺~刻む歴史八十年 潮見台から現在地に~ 明治四年ごろ山形県東田郡大日坊というお寺の住職、大網精周という人が、小樽、岩見沢、函館、江差と道内に四ヵ寺を建てたが、筆頭寺院が小樽で、その住職の名をそのま […]

  • 今年も

    日付:2019年07月11日 カテゴリー:2019(H31)店

    松田鉄工所 跡手宮探検を終えて 家へ 戻ってみると今年も来ましたポスターよってそば会席 小笠原8月23日(金)~8月25日(日)まで臨時休業とします。

  • 戦後・小樽でつくられていたパッチ 53

    日付:2019年07月10日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     いまの子供たちはファミコンで育ち、集めるミニカーや人形などをみるとその精巧さにおどろきを感じる。 明治・大正・昭和(戦中・戦後)の子供のあそび道具は、素朴な手づくりのものが多かった。集めたものは石ケリ(平らな円形ガラス […]

  • もう一つの生協

    日付:2019年07月03日 カテゴリー:その他

    札幌の学校給食(他に江別、帯広など全道の十数市町村にも)と受注生産のみで一般には販売していない麺それぞれの製麺工場により添加物の種類や小麦粉の産地も違います話を聞いて驚いたのは、『北海道産と表示したら保健所が来て「表示し […]

  • わさび

    日付:2019年06月28日 カテゴリー:2019(H31)店

    7周年を迎えた そば会席 小笠原。本わさびを提供することにしました。ただ、…。 小樽で取り扱っている店を見つけれないんです。 「取り寄せることができますよ。…。」出かけました。お世話になっている 岡本商店本山葵 […]

  • 市制になったころの小樽(その1) 41

    日付:2019年06月27日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     今年の小樽は市制70周年を迎えて多彩な記念行事が開催されている。本誌の「歴史への誘い」のコーナーでもその貴重な写真が紹介されたが、今回は別な角度から70年前を振り返ってみたい。   ▷   ◁ おれは河原の枯すすき 同 […]

  • 与謝野晶子・鉄幹と小樽(その2) 50

    日付:2019年06月22日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     前月号では、与謝野晶子とその夫、鉄幹の作品歴について述べたが、 今月はこの2人が小樽を訪れて開催した文芸講演会についてお知らせする。 夫妻が揃って来道したのは昭和6年であった。鉄幹は久しぶりの来道であったが、晶子にとっ […]

  • 昨日は大荒れだったので

    日付:2019年06月18日 カテゴリー:海へ

    昨日の海は大荒れ今日はそんなに波は高くないのですが、ウニ漁はお休みのようです蝦蛄漁?『オオワシが、去っていった時以来の海。』 海からのご褒美は…茎ワカメコンブちょっぴりの赤い石今日は潮目がくっきり 午 […]

  • こんなこと ありません?

    日付:2019年06月16日 カテゴリー:その他

    おととい 市立小樽図書館から本を借りてきました5冊家へ帰ってみると、4冊しかありません。『バックから出していないんだけど。買物した時、荷物を整理したからその時、落したのかなあ…。』昨日、帰りに寄った場所へ出かけ、探したり […]

  • 与謝野晶子・鉄幹と小樽(その1) 49

    日付:2019年06月15日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     歌人、与謝野晶子(明治11年~昭和17年)と、その夫である詩人・歌人の鉄幹(明治6年~昭和10年)が揃って来道したのは昭和6年であった。 函館・小樽・札幌・旭川・登別を訪れたが、小樽では高商(現小樽商大)、市立小樽高女 […]