お知らせ・日記

  • どうしても食べてみたいもの

    日付:2020年09月25日 カテゴリー:2020(R2)店

    市立小樽図書館から借りて来た本に…。載っていました。『もう二度と食べる事のないであろう と思っていた ところが…。』(私の田舎 青森県おいらせ町では、とごろ と呼んでいました)北海道山菜誌1980年5月25日 第1刷発行 […]

  • 昨日!

    日付:2020年09月25日 カテゴリー:出会い

    連休中ブドウ狩りに行ってきました旅路 昨日!やってきましたところ芋(これが掘った野老なんだ!どんなところに生えているんだろう?)『野老って、てっきり、木の根だと思っていたんですが、イモだったんです。』3時間ほど […]

  • 九月の臨時休業日

    日付:2020年09月16日 カテゴリー:2020(R2)店

    店内改装工事のため9月22日(火)~28日(月)の7日間、臨時休業とします。 ご用の方は090-5959-6100へ連絡ください。ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いいたします。 

  • 第8回 銀行の転変

    日付:2020年09月16日 カテゴリー:う~ん

    着物姿に山高帽子の旧百十三銀行小樽支店♦着物姿に山高帽子 観光客でにぎわう小樽運河にほど近い堺町1の道路沿いに、旧百十三銀行小樽支店の建物が、北海道林屋製茶(現会頭川合一成社長)の倉庫として残っている。 「着物姿に山高帽 […]

  • 第7回 函館との比較

    日付:2020年09月09日 カテゴリー:う~ん

    日銀支店は小樽観光のワンポイント♦他山の石として 道内の都市のなかで小樽と一番似ているのは函館だろう。同じ港町の商業都市というだけでなく、成り立ちや構成、問題点、課題などかなりな共通点が見られる。「他山の石」ともいう。改 […]

  • 第6回 戦争と港

    日付:2020年09月04日 カテゴリー:う~ん

    観光客でにぎわう石原裕次郎記念館 今年は日清戦争勃発百年に当たる。…‶窓をあければ港が見える〟と歌われるミナトの情緒がみなぎる小樽は、海から生まれ、海と共に育ち、海に生きる星の下に生活している。……小樽開基百年記念式典の […]

  • 第5回 故郷の錦

    日付:2020年09月02日 カテゴリー:う~ん

    ♦もう一人の小樽商人 前回は空知管内沼田町にその名を遺した小樽の精米業者、沼田喜一郎だった。沼田町では町開祖として下にも置かないもてなしを受けているのに、小樽ではそれほどでない。今回は対象的な野口一族の祖、吉次郎という‶ […]

  • 帰ってきました

    日付:2020年08月29日 カテゴリー:その他

    小樽の朝焼け出かけました1日目の昼食ではたわわに実ったメロンが出迎えてくれました狩勝峠を越えて夕食は、釧路 干しコマイ水揚げされたばかりの…60周年記念ボトル2日目釧路駅を出発目当ては花咲ガニ昼食にエスカロップも食べ…。 […]

  • そういえば…

    日付:2020年08月19日 カテゴリー:海へ

    今日見なれない練習船が…以前、国立海上技術学校の職員の方が見えられた時「ヨット部はなくなりました。」と、言っていました。(この4月から国立海上短期大学になりました。)『短期大学の新たなクラブかな?』パドル操作?監督船?ヨ […]

  • 出来るだけ…

    日付:2020年08月19日 カテゴリー:2020(R2)店

    昨日の朝ウニ漁の船が一斉に小樽のウニ漁は8月31日までですそして今朝すれ違う船と船今までは種を購入して植えていましたが今年は種づくりにも挑戦中大根糠塚きゅうりまだまだ収穫できそうです行者ニンニクの種を植えました西瓜もすく […]