小樽運河① 『雪の運河』

2016年10月01日

 IMG_2670

 小樽運河ぞいには明治・大正・昭和の三代にわたる数多くの石造倉庫が建ち並んでいる。小樽軟石、札幌軟石をふんだんに使った堂々たる木骨石組み瓦(かわら)屋根の倉庫である。

 沖どまりの本船から沖仲士の手によって艀(はしけ)に下ろされた荷はポンポン蒸汽にひかれて運河へ。せまい歩み板をたわませて、米二俵も肩にした浜(陸)仲仕の列は倉庫の中へとつづいた。……画面右手より、前野商店麻袋工場(旧ーイ稲積倉庫)、二階建ての∧七大家倉庫、焼失していまはない田原商店倉庫(旧藤山倉庫)、一番左手の大屋根は内山鉄工所。手前は旧郵船海陸の事務所と現場詰所で、十年前ごろまではたくさんの荷役労働者が昼となく夜となく出入りしていた。

 …雪で薄化粧した運河もまた格別の雰囲気がある。吹雪の合間のスケッチを重ねた。

 現在、運河は道路づくりのために半分埋められ、艀や引き船の姿が見られない。

IMG_2669~えと文 藤森 茂男

1986.12.7より

img_0931