カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

  • 実態調査(92年)から その11~明治42年石造倉庫は146棟

    日付:2014年12月12日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    (2)明治22年(1889年)、於古発川から手宮にかけた汀線の埋め立てが完成。北浜、南浜の両町(現・色内)が造成され、また砂崎町(堺町前面)の埋立地もできる。この用地に石造倉庫がつぎつぎに建ち、営業倉庫が主体の港湾都市小 […]

  • 歩いてみました~明治15年当時の道を

    日付:2014年12月02日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    今日から ♪冬が はじまるよ。ラララ らららららら♪ 歩いてみたい道へ向かいました もうすぐ 小樽雪明あかりの路   スタート地点はここ 熊碓から続く道 明治15年の地図によると小樽の集落と手宮を結ぶ道は二つ。 […]

  • 実態調査(1992年)から その9~小樽市街 原地形

    日付:2014年11月22日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    第3章 小樽の都市形成と木骨石造建設 3-1:小樽市街の発達  ・・・この合併時点の人口は204,377人、世帯数は44,111であった。      小樽市街の中心部の原地形は、手首を伏せ、当方の石狩 […]

  • 実態調査(1992年)から その8~なにもない港内測量図

    日付:2014年11月18日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    第3章:小樽の都市形成と木骨石造建築 3-1:小樽市街の発達小樽は、平地がきわめて少ない。幾筋もの丘陵が石狩湾へ向って突出し、先端は崖となり多くは海岸から切り立っている。江戸期から日本海沿岸第一の良港とされた小樽中心街の […]

  • 実態調査(1992年)から その7~二次調査508棟  

    日付:2014年10月25日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    第2章:歴史的建造物の現状と分布 はじめに 本性は、二次調査建造物一覧、二次調査建造物および指定建造物の分布をそれぞれ示した。   2-1:二次調査建造物一覧  二次調査で取り上げた508棟について、二次番号、 […]

  • 実態調査(1992年)から その6~鉄骨鉄筋コンクリート造

    日付:2014年10月07日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    1-4-2:二次調査の結果 構造 ・・・や戸出物産(旧中越銀行小樽支店、大正13年)などがある。   SRC造(鉄骨の周りに鉄筋を組み合わせコンクリートを打ち込む鉄骨鉄筋コンクリート構造)は、さくら銀行小樽支店 […]

  • 実態調査(1992年)から その5~鉄筋コンクリート造

    日付:2014年09月29日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    構造 ・・・、稲穂の(株)山二わたなべ(昭和5年~6年)などがある。   RC造(鉄筋コンクリート造)も木骨石造の衰退と関連し、色内の三箇(株)(旧函館製網船具(株)小樽支店、大正7年)が最も早い。その後、相次 […]

  • 実態調査(1992年)から その4~モルタル塗り・・

    日付:2014年09月13日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    第1章 調査の概要1-1 調査の目的と内容1-2 調査経過1-3 調査組織1-4 調査結果1-4-1:調査対象の棟数1-4-2:二次調査の結果1-4-3:二次調査の結果建築年構造・・・。これ(木骨石造)に代わって大正中期 […]

  • 実態調査(1992年)から その3~二次調査 木骨石造

    日付:2014年08月27日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    1-4-2:二次調査の結果建築年二次調査対象を建築年で見ると、江戸期3棟、明治期117棟、大正期158棟、昭和期180棟、不明50棟であり、町ごとの棟数は表1-4-1のとおりである。この調査で江戸期の建築が確認できたこと […]

  • 実態調査(1992年)から その2~一次調査の全棟数は2357

    日付:2014年08月22日 カテゴリー:歴史的建造物の実態調査(1992年)から

    1-4-1調査対象の棟数  一次調査は主に外観から戦前期の建築を判断し「建築基本カード」(1-1参照) の調査項目にその内容を記入した。社寺建築は、市全域にあることから事前に建築年(昭和20年以前)の確認を行い、調査に臨 […]