カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

  • 時に人あり -私が担当の最終回ー 100

    日付:2021年03月31日 カテゴリー:人

      私が小樽市史軟解HISTORY・PLAZAを担当してから9年目を迎え、今月号で100号になった。 この間、市立小樽図書館はじめ、多くの方々からご支援をいただき、さらに、読者のみなさんから激励されたことに対し厚くお礼申 […]

  • 藤山一郎と小樽 55

    日付:2021年03月30日 カテゴリー:人

     本年8月21日、歌手の藤山一郎さんが82歳の生涯を閉じた。昭和6年、東京音楽学校(現東京芸大)在学中にレコード吹込みをして、校則によって停学処分を受けたが、その時吹込んだ「酒は涙か溜息か」「丘を越えて」、翌年の「影を慕 […]

  • 「小樽出身の中村伸郎」 26

    日付:2021年03月29日 カテゴリー:人

    昨年はこのHISTORY PLAZAで、小樽出身の歌手の小林千代子とナンシー梅木を紹介したが、今回は同じく小樽生まれの新劇俳優、中村伸郎(なかむら・のぶお)について記してみたい。   ▷   ◁ 中村伸郎は明治41年生ま […]

  • 『涙の渡り鳥ー小樽出身歌手 小林千代子ー』 18

    日付:2021年03月29日 カテゴリー:人

     雨の日も風の日も 泣いて暮らす わたしゃ浮世の 渡り鳥 泣くのじゃないよ 泣くのじゃないよ 泣けば翼も ままならぬ  あの夢もこの夢も みんなちりぢり わたしゃ涙の 旅の取鳥 泣くのじゃないよ 泣くのじゃない […]

  • オスカーを手にした小樽出身のナンシー梅木(その二)14

    日付:2021年03月28日 カテゴリー:人

     前号では小樽出身のナンシー梅木がジャズ歌手として内外で活躍したことを記したが、今回はこの人が梅木ミヨシ(本名)としてアメリカ映画に初出演し、日本人として初めてアカデミー賞(助演女優賞)のオスカーを手にしたことを振り返っ […]

  • 小樽出身のジャズ歌手・ナンシー梅木 13

    日付:2021年03月28日 カテゴリー:人

    ▶芸能界の小樽人は… 小樽出身で芸能界に名を成した人は、「涙の渡り鳥」などでヒット曲を出した歌手の小林千代子(戦後はオペラ歌手として小林伸江と改名)歌劇の水の江多喜子、女優の草島競子、映画監督の小林正樹、伊丹十三の奥さん […]

  • 日章旗が星条旗に変わった終戦と小樽 4

    日付:2021年03月11日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     今年もまた太平洋戦争が終わった8月を迎えた。早いものであれから44年になる。 外国による日本占領は史上初めてのことであり、その意味で米軍が進駐した当時の小樽に時を戻してみたい。 奥田二郎著「北海道米軍太平記」やサッポロ […]

  • 保線のあゆみと小樽 81

    日付:2020年06月27日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    謹賀新年。私が小樽市史軟解を担当してから、この新年号で81回目になる。その間いろいろな方から励ましや支援をいただき、年頭に当り厚くお礼申し上げたい。   ▷   ◁ 新しい年を迎えたが、本年四月には、5.8ヘクタールの広 […]

  • 明治・大正の小樽をみる(その5)~公園づくり 86

    日付:2020年06月26日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    A 明治41年ころの小樽公園 B 小樽公園グランドでの連合運動会。稲女の「織姫」と共に有名であった量徳女子小のマスゲーム「美しき天然」(大正8年) C 手宮公園より港内を展望する(明治末期)  現在、小樽には総合公園とし […]

  • 大正11年小樽に第1艦隊入港 12

    日付:2020年06月24日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     今年の1月、私は北海道新聞の「朝の食卓」に「1枚の写真から」と題し、大正時代に第1艦隊が小樽港に入港したときのことを書いた。 「その写真を見たい」「私も滝川から泊りがけで見に行った」「軍艦名を知りたい」など全道の方々か […]