カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

  • 昭和初期における小樽のある筆線 7

    日付:2019年04月04日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     昭和のはじめ頃、市内都通り(セントラルタウン)のある喫茶店の二階に毎日のように、ゴッホの○○くん、セザンヌの○○くんと呼びあう絵を描く若い人たちが集まっていた。 それは楽しい仲間たちであった。いろいろ勉強しているうちに […]

  • 小樽の底力をみせた昭和12年 その2 11

    日付:2019年03月19日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     前号では、北海道大博覧会を中心に昭和12年の小樽をふり返ってみたが、今回はかくどをあえて、その年にみせた底力を推察してみたい。 人口は約15万6千人。港は第1埠頭も竣工し、その繁栄は大きかった。 工業地帯における産業の […]

  • 電話九十年―小樽 20

    日付:2019年03月18日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     今年(平成二年)は電話事業一〇〇年(小樽は九十年)の年であった。 この年を記念してNТТ小樽支店は先に運河プラザで資料展を開催。更にNТТ情報プラザでも写真を含めた貴重な資料を展示している。そして10月22日には、小樽 […]

  • 小樽の底力をみせた昭和12年(その1) 10

    日付:2019年03月17日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    日中戦争が始まったのは昭和12年7月で、同年11月には日独伊(日本・ドイツ・イタリア)の防共協定が調印された年であった。その年に小樽市は、規模や内容においてスケールの大きな展覧会を開催し大成功を収めたのである。 港と小樽 […]

  • 新成人のみなさんが生まれた年 9

    日付:2019年03月14日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    ■成人に寄せて■ 今年、成人式を迎える昭和44年4月から45年3月までに生まれた人に心からお祝いを申し上げたい。 この20年間に、みなさんはそれぞれの思い出があるだろう。野球拳でタレントが服を脱いでいく「コント55号」の […]

  • 世相の流れの中にみせた小樽の一面~藤山一郎さん 1

    日付:2019年03月12日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    ~大正七年の梁川通りである。昔この辺りは榎本武揚の土地で、武揚の号「梁川(りょうせん)」から由来されている。いまのセントラル都通りであり、別に電気館通りとも呼ばれる。中央に見える高い建物は実演と映画で長年にわたり親しまれ […]

  • 明治・大正の小樽をみる(その6)~北海道水産共進会 87

    日付:2019年02月12日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    A 明治時代 築港海面埋立工事中の小樽。B 明治41年 小樽区花園公園で開催された北海道水産共進会場の正門。C 同じく北海道水産共進会場のパノラマ館 1908年(明治41年)に札幌区において北海道畜産共進会を開催。同年、 […]

  • 古い写真に見る小樽の活動常設館 79

    日付:2019年01月30日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     今年(平成7年)は映画誕生100年の年である。 『これは1895年(明治28年)フランスのリュミエール兄弟が、パリの科学振興協会で彼らが発明したシネマトグラフ(撮影機、プリント焼付機、映写機を兼用)により製作した「工場 […]

  • 鳴いて日暮れる張碓の浜~㉚

    日付:2019年01月06日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

    啄木と凡平 火をしたふ虫のごとくにともし火の 明るき家にかよい慣れにき あわれかの国のはてにて酒のみき かなしみの滓をすするがごとくに こほりたるインキの壜を火にかざし 涙ながれぬともしびの下に 啄木はいい。貧乏青年の青 […]

  • 排他的だが進歩性~㉙

    日付:2019年01月06日 カテゴリー:見直せわが郷土史シリーズ

     ヤブヘビ調査 戦後まもなく、田中道政の頃、綱紀粛正の問題が野党からとび出した。 「近頃、宴会が多すぎるのではないか。」というわけで、一番接待費が出る道東事務所に議会の特別調査団一行が現れる。  「一体、貴重な道費をどん […]