カテゴリー:人

  • 新聞

    日付:2017年03月12日 カテゴリー:人

     小樽芸者を相手に  中江兆民 浩然の気を養う 『なにを物好きに未開の小樽のイナカ新聞の主筆までひきうけたのか』 文春に連載されていた〝火の虚舟〟(私説・中江兆民)で松本清張はそういう疑問をなげかけ『大体、北海道は黒田清 […]

  • 女優・岡田嘉子と小樽(その2)

    日付:2017年03月11日 カテゴリー:人

     嘉子と小樽 岡田嘉子と小樽とのかかわりは、父が小樽区の北門日報社(現在の稲穂2~19)の主筆であったことから始まる。 嘉子は東京美術学校の洋画科に学んでいたが、あと一学期で卒業という冬休みに母といっしょに小樽の父を訪れ […]

  • 女優・岡田嘉子と小樽(その1)

    日付:2017年03月09日 カテゴリー:人

     平成4年2月10日、女優岡田嘉子はモスクワで89歳の生涯の幕を閉じた。 今回は、時代に生きた岡田嘉子と小樽のかかわりについて記してみたい。その前段として岡田嘉子その人を紹介したい。   ▷   ◁ 嘉子の人生観と女優の […]

  • あったかいんだから

    日付:2017年01月26日 カテゴリー:人

     一昨日参加してきました中でも興味を引かれたのは『BYOという考え。うちの店でも、検討してみよう。』 その、帰り…。このバックから落してしまいました。この辺りかこの辺りに『もう真っ青。!!!』今日やっ […]

  • 繊維のまち南小樽 

    日付:2017年01月02日 カテゴリー:人

      境内から国道を経て花園町まで、飴細工やカルメ焼き、反物、蝦蟇(がま)の油売りにお化け屋敷やサーカス、見世物小屋などが並んでいた…。 潮祭りがまだ無かった少女時代、私は妹たちとお化粧をし晴れ着に身を包み、それは賑やかだ […]

  • 芸苑

    日付:2016年10月08日 カテゴリー:人

     モダンガールで有名   岡田嘉子の女優になる前  『小樽の花園町が私の故郷。北海道と縁のあるものは、すべて身内のようになつかしく思えます云々』 テレビタレント水ノ江滝子はサッポロビールのPRを右の様につとめて […]

  • 「小樽出身の中村伸郎」 26

    日付:2016年10月07日 カテゴリー:人

    昨年はこのHISTORY PLAZAで、小樽出身の歌手の小林千代子とナンシー梅木を紹介したが、今回は同じく小樽生まれの新劇俳優、中村伸郎(なかむら・のぶお)について記してみたい。   ▷   ◁ 中村伸郎は明治41年生ま […]

  • 小樽運河②「赤い運河」

    日付:2016年10月05日 カテゴリー:人

    えと文 藤森茂男 この絵は「小樽運河を守る会」をはじめたころ(一九七三年)のスケッチをもとにしている。 当時の運河には、まだ多くの艀(はしけ)や引き船が出入りしてた。・・・最盛時、石造倉庫百七十棟、艀六百隻、港湾労働者三 […]

  • 小樽運河⑤「中央橋とポプラ」

    日付:2016年10月04日 カテゴリー:人

    えと文 藤森 茂男 中央橋のそばにポプラの木があった。自然に生えたものであろうが、運河に育つただ一本の大樹である。汗くさい小樽運河の貴重なアクセントであったと思う。今度の埋め立て工事で切られてしまった。 北浜橋をのぞいて […]

  • 小樽運河③「石造倉庫とはしけ群」

    日付:2016年10月03日 カテゴリー:人

    えと文 藤森 茂男 石造倉庫のいらかの連なる運河山側の岸壁は、小樽が港づくりに最初にとりくんだ埋め立て工事である(色内岸壁一八七二年)。これを機に旧称手宮港が小樽港となった。 一八八二年。日本で三番目の鉄道が手宮ー幌内間 […]